ローヤルゼリーの口コミとランキング
メインイメージ

ローヤルゼリーとプロポリス

どちらも共通点としてはミツバチが作り出すものです。

違う点は、
ローヤルゼリーは働き蜂が作り出した女王蜂の食べ物で、
プロポリスはミツバチの餌ではありません。

非常時用の食べ物、幼虫の病食にはなりますが、
ほとんど食べ物として使われず、強い抗菌作用があるため巣の補強剤として使われています。

プロポリスhttp://xn--zckzcsa6cn.la/は、ミツバチが稙物の芽や木の皮に唾液を混ぜてつくったもので、
巣の内側に塗って外からの菌の侵入を防ぐために使用しました。
ミツバチにとってこれをつくる一番の目的は、巣の中を無菌状態に保つことです。

ミツバチは巣の出入り口にプロポリスを塗り、外から帰ってくるたびごとにプロポリスに体を接蝕させます。
そうすることで外から持ち帰る菌を減らします。

ローヤルゼリーの歴史と同じように、プロポリスの歴史も古いです。
古代文明のミイラづくりにプロポリスが防腐剤として使われていたことが、当時の文献に載っています。
古代ギリシャの哲学者アリストテレスは、
著書「動物誌」の中にローヤルゼリーのことを濃厚で蜂蜜に似たようなものと書き記しています。

一方のプロポリスhttp://xn--zckzcsa6cn.cc/は、古代の哲学者にだけでなく医師の著書にも、
医学的な見解から神経痛や皮膚病に効果的な働きがあり、とげの痛みを和らげる傷の治療薬として効果的なことも書き記されています。

民間療法が盛んな中国での古書にプロポリスのことが載っています。
不治の病の治療薬に使われていたようですが、貴重品で値段も高くて王族・貴族しか使うことができなかったと記されています。

ローヤルゼリーもプロポリスも古代から優れた薬効があることが知られていて、文献にも記されています。
近代においては、ローヤルゼリーの知名度の方が世間に広まるのがやや早かったようですが、
プロポリスががん細胞の増殖を阻止、死滅させるという働きがあることが明らかにされ、研究グループによって発表されました。
またローヤルゼリーやプロポリス以外におすすめしたいのが、プラセンタhttp://xn--0-tfum8g1dtc.net/です。是非チェックしてみてください。

トップに戻る